読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ毎日「人生をガラっと変える一冊」

読書で得た学びや、読書を通して考えたことを綴ります。

プーさんが僕に教えてくれたコト

『プーさんと仲間たち そのままでいこう』(PHP研究所 編)

 

プーさんと仲間たち そのままでいこう (PHP文庫)

 

僕の人生観を変えた2つのフレーズ。

 

日常によろこびを 

プーさんたちはぬいぐるみ。軽いから、風で飛ばされちゃって大変。

プーさんたちにとって、風の日はよくない日。

 

「風の日?だったらみんなに風の日おめでとうって言わなきゃ」

 

プーさんみたいに、嫌な日も記念日みたいに楽しめればきっと人生が楽しくなる。

 

僕は志だけ高く、実際の行動に移せない人間だ。

早起きしないと、と本気で思っているのに二度寝してしまう。

そういうとき、自己嫌悪に陥る。 

そして大体、その日はなにもかもうまくいかない。

そんな日は、なにかの記念日に変えてしまおう。

とプーさんが教えてくれた。ありがとう。

 

すべてが悪かったわけじゃない

プーさんたちは、失踪したティガ―を探す旅に出た。

途中、なだれに遭ったけど、なんとか助かった。

そのとき、「怖くなかった?」と聞かれたプーさん。

 

「ちっとも怖くなかったよ。怖かったとき以外はね」

 

旅の過程は楽しかった。それは変わらない事実。

たった一つ嫌なことがあっても、全てが否定されるわけではない。

 

僕はこのことを人生レベルで考えてみた。

生きていたら良いこと・悪いことどっちも起こる。

悪いことばかり見ないで。良いこともあったでしょう?

とプーさんに言われた気がした。ありがとう。

 

番外編:就活時期のいま、思ったこと

僕は恵まれている、と本気で思っている。なぜなら、いい物・いい人に巡り会い続けてきたからだ。

このプーさんの本は、自分の人生観をポジティブなものに変えてくれた。他にも、たくさんの「運命の1冊」が自分を変えてくれた。

本音で語り合える。互いを高めあうことができると信じている。僕には、そんな仲間がいる。今思えば、僕の近くには常に「よいやつ」がいた。

このプーさんの本と巡り会えたのも、今の仲間たちと出会えたのも、運命としか言いようがない。一つ一つの巡りあわせに感謝しつつ、少しずつこの感謝を他者に還元していきたい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。てぃーけ