読書を、生きる力に。

コンセプト「答えは、本の中に。」を掲げ、幸せに生きるためのマインドセット・情報・知識を紹介しています。

努力することに疲れてしまった僕に響いた3冊

こんばんは、てぃーけです。

今回は【努力することに疲れてしまった僕に響いた2冊】について。

本記事は約4分で読めます。

 

0.はじめに

努力のメリットって大きいですよね。

例えば...

・努力:プレゼン大会で人一倍努力して完璧なプレゼンを行い1位を取る

 →結果:自分に自信が付く、他人からの評価が上がる

・努力:恋人を作る/モテるためにファッションを研究し身なりを変える

 →結果:恋人ができる/モテる

 

僕も一時期スキルの習得に没頭していた時があったこともあり、

結果的に以下のスキルや知識を身につけました。

・動画編集

・写真の撮影/編集

パワポのデザイン

・エクセル

・英語

・タイピング

・難読漢字

・雑学

 

これらのスキルを持っていることで、良い思いも沢山してきました。

例えば...

・友達の英語の宿題を手伝ってあげる

 →相手からの評価が上がる

・ゼミの卒業生宛ての動画を編集

 →ゼミの人々から感謝される

 

でも、正直もう疲れた!

 

僕は、努力することに疲れました。

真剣に物事を考えすぎて(全て思い込みなのですが汗)、息苦しくなっていました。

就活の時期にはストレスのせいで、肋間神経症という病気にもなりました。

 

しかしこれから紹介する3冊のおかげで、

・物事を深刻にとらえることがなくなり、

・スキルの習得や情報の収集に追われることもなくなり、

結果としてストレスが減りました。

 

【目次】

 

1.自分でしない

しないことリスト(著:pha)』

自分をストレスから解放する方法、それは...

「自分でしない」。これに尽きます。

心理学的に、人間という生き物は頼まれたがりです。

自分の不得意なジャンルの仕事があったら、誰かにやってもらえばいい。

 

ホリエモンのこんな話があります。

『多動力(著:堀江貴文)』

ホリエモンこと堀江貴文は、服を選ぶのが好きじゃない。

だから、服選びが好きな友達に頼み、ホリエモンに合った服のZOZOTOWNのURLを送ってもらう。

まさに服選びの「アウトソーシングです。

 

 

ちなみに、「ココナラ」というスキルのアウトソーシングサービスがあります。

「得意を売り買いココナラ♪」というCMで有名ですね。

シェアリングエコノミーの対象は物だけではない。人のスキルも対象です。

活用しない手はないでしょう。

coconala.com

 

 

友達に頼んだり、上記のようなサービスを活用して、

できるだけ【自分でしない】。

そうすることで、自分の本当にやりたいことに時間が割けるようになる。

自分の好きなことをすることで、それが自分だけのスキルになる。

それを誰かに還元すればいい。やりたくないことはやらなくてもいい。

 

2.大事なのは感謝

誰かにやってもらうなんて図々しいし、自分のスキルの幅が広がらないじゃないか。

そう思う人もいるでしょう。

 

たしかに。(笑)

 

しかし僕は本当にハッピーな生き方は、全部自分でやることではないと考えます。

誰かにやってもらい、感謝することが、全員がハッピーになる方法なのではないでしょうか。

 

例えば、何かをやってもらい感謝すると...

・相手のメリット:感謝されることで自己肯定感が増す

・自分のメリット:やってもらうことで自分の負担が減る

 

 

『ありがとうの奇跡(著:小林正観)』

とある食品メーカーの話。経営者が急死し、妻が引き継ぐことに。

妻は商品のことや経営手法などを全く知りません。

しかし、売上は以前の3倍になりました。

なぜそうなったのか?それは「感謝」です。

妻はひたすら社員や取引先に「ありがとう」と伝えました。

 

大事なことは、自分で全てやることではなく、

誰かにやってもらい、感謝することです。

 

3.まとめ

自分でしない。誰かにやってもらう。そして、感謝する。

これだけでいいんです。

全部自分で背負い込まなくていい。

頑張らなくていいんです。努力しなくていいんです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!てぃーけ