読書を、生きる力に。

コンセプト「答えは、本の中に。」を掲げ、幸せに生きるためのマインドセット・情報・知識を紹介しています。

あなたの人生に、魔法カード発動!「遊戯王カード理論」

 

1.あなたは何のために本を読んでいますか?

ぼくの答えはこう。

自分の知らない考え方に触れて、生き方の指針を定めるため。

言い換えれば、自分の思考を刺激し、自分の行動を変えるため。

 

こういう人って世の中には多いんじゃないだろうか?

 

ぼくのような人が陥りやすい罠として、

「読んだ時には納得するけど、実生活では実践できない」

が挙げられる。

 

例えば、こんなことはないだろうか。

怒りっぽくて妻にすぐイライラしてしまう夫。

彼がアンガーマネジメント(怒りのコントロール法)の本を読むとする。

「ふむふむなるほど、怒りという感情は期待から来ているのかぁ」

「じゃあ妻に期待しなければ、怒らずに済むのかぁ」と納得したとする。

しかし次の日には、妻の些細な言動にイライラしてしまう。

 

いざというときに思い出せない・血肉になっていない

そんな知識には意味がないと、ぼくは思う。

実践できてこそ、だ。

 

そこで!ぼくは発明した。

名付けて、遊戯王カード理論!

 

2.あなたの人生に、魔法カード発動!「遊戯王カード理論」

遊戯王を全く知らない人に説明すると、

一言で言うと、2人で対戦するカードゲームだ。

 

カードは大きく分けて2種類ある。

モンスターカード」と「魔法カード」だ。

モンスターカード」には相手にダメージを与える役割があり、

魔法カード」にはモンスターや自分をサポートする役割がある。

 

今回取り上げたいのは、「魔法カード」の方だ。

 

遊戯王では、各カードにカード名効果が明記されている。

遊戯王カード理論は、カード名を「教訓の名前」、効果を「教訓の効用」に置き換えることで完成する。

 

例を見てみよう。

 

魔法カード発動!!『試してみることに失敗はない』

効果:失敗が怖くて、変化がストレスで行動を起こせないときに発動できる。

プレイヤーは、何かを試しにやってみることに失敗はないということを思い出す。

なぜなら、例えプレイヤーが失敗したと思っても、それは失敗ではなく、ただ上手くいかないやり方を見つけたということだから。

エジソンは電球を発明するのに1万回失敗した。しかし彼は言った。「僕は1万回失敗したのではなく、1万の上手くいかない方法を見つけただけだ」

 

※ちなみにこれは名著『仕事は楽しいかね?』から、ぼくが実際に得た教訓です。

 

3.遊戯王カード理論のイイところ

遊戯王カード理論のイイところは2つある。

①カード名を心の中で叫ぶだけで、その背後にあるストーリーや論理展開を思い出すことができる

偉人の名言をメモってる人は世の中にたくさんいると思います。

ぼくは、名言だけでは自分の行動を変えることはできないと思う。

 

行動に変化を起こすためには、

「なぜこの教訓が納得できるものなのか」を胸に刻んでおくことが重要なのだ。

つまり、一度は話を理解して腑に落ちたものだけが"カード化"されるということだ。

 

「カード名」と「効果」、

この2つが揃ってやっと1つの「カード」になる。

 

②場面に応じて、自動的に発動される(思い出すことができる)

遊戯王では、各カードには発動できる場面が設定されている。

つまりプレイヤーは場面に応じたカードを選択して発動させなければいけないのだ。

遊戯王カード理論では、実生活においてAという場面が発生した時に、A`というカードが自動的に発動するようになる。行動が変化するのだ。

 

また、遊戯王では、互いに5枚のカードを手札としてゲームが開始する。

方法によっては、手札を増やすこともできる。

そして手札が増えれば増えるほど、対応できる場面の数が増えて有利になるのだ。

 

実生活でも同じで、遊戯王カード理論に基づき手札のカードを増やしていけば、

色んな場面に対応することができ、人生が有利になるとぼくは考えている。

 

4.まとめ

今回の記事では、遊戯王カード理論の説明のみを行った。

今後このブログでは、ぼくが本から得た"カード"を紹介していこうと思う。

みんなで手札を増やして、人生というデュエルに勝ちましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

てぃーけ