勇気の処方箋

コンセプト「悩めるあなたに、真心こめて」を掲げ、皆さんが勇気を貰えるようなマインドセット・情報・知識を紹介しています。

相手に望ましい選択をしてほしいとき!言葉をほんの少し変えるだけで78%成功率アップ?

『影響力の武器 戦略編: 小さな工夫が生み出す大きな効果(著:R・チャルディーニ)』

 

はじめに。

本書は、実験と統計から得られた「スモール・ビッグ」を紹介しています。

「スモール・ビッグ」とは、小さな工夫で大きな変化をもたらす行動のことです。

 

自分の望んでいる選択肢を選ばせるためには、どうすればいいのでしょうか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

結論はこうです。

×  1つの選択肢を〇か×で選ばせる

〇 2つの選択肢の中から選ばせる

 

実験:

とある教育機関の職員に、インフルエンザの予防接種を受ける機会を与えた。

2つのグループで、参加表明の文言を変えた。

 

①:「インフル予防接種を希望する場合はチェックボックスをクリック」

②:「インフル予防接種を希望する」「インフル予防接種を希望しない」という2つのチェックボックスを提示した

 

結果:

インフル予防接種への参加率はグループ②の方が高かった。

 

①:42%

②:62%

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

さらに、人間には「損失回避」という根源的な本能がある。

読んで字のごとく。損失を回避したいという本能だ。

 

実験:

選択しなかった場合の損失を提示してみた

 

選択肢①「インフルの罹患リスクを減らし、保険料を$50節約できるので、インフル予防接種を希望します」

選択肢②「インフルの罹患リスクが増し、保険料を$50節約できるなくなるとしても、インフル予防接種を希望しません」

 

結果:

予防接種への参加率が75%にまで増加した!

 

単純計算で42%→75%なので、成功率が約78%増加したことになります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

相手が自分の思うような選択をしてくれない...

そんなときは、文言をほんの少しだけ変えてみてください。

 

ポイント:

①2つの選択肢の中から選ばせる

②自分の望む選択をしなかった場合の損失を提示する

 

この記事がいいと思ったら↓の☆マークをポチっとしてください!

宜しくお願いします。

てぃーけより